2010年、最新のマーケティングの全て(DRS感想)

「2010年、最新のマーケティングの全て(DRS感想)」の有益情報をお届け!

0からの挑戦 〜情報商材アフィリエイターへの実践記〜

初心者がアフィリエイトで資金¥0から稼ぐための道標となる実践日記

2010年09月11日

2010年、最新のマーケティングの全て(DRS感想)

こんにちは、青空です。

連日感想を書いているダイレクトレスポンスシークレット(DRS)。

一瀬翔さん、和佐大輔さん、伊勢隆一郎さんの音声を聞けば聞くほど、

この3人の話に引き込まれ、このDRSの音声の価値が高い事を心底感じます。

これが、本当に正直な気持ちです。本日も、そのDRSの感想です。




■Audio Contents 5
2010年、最新のマーケティングの全て



今回のテーマは、ブランディングについて。



ブランディングとは、お客さん(相手)から見た自分の価値

その意味で、ブランディングをする上で、皆が考えすぎているのでは?

と3人が口を揃えて言っておられます。



ブランディングするには、もっと自分が思っている事を言ってしまわないといけない。

要するにKY(空気を読まない)でやりたい事をやらないとブランディングは出来ない。

人の様子をうかがいすぎて、結局行動できない人が多すぎるという事。



ここは、胸にグサっと来る言葉でした。

確かに、自分では「こうだ!」と思っていても、

周りの人がどう考えているかが気になって、

自分の意見をなかなか言えない。



ネットだけではなく、日常の生活でもこの事はすごく感じる事です。

どちらかというと、恥をかく事を恐れていると自分では思います。

やっぱり、人前で恥をかきたくないということが本音ですから。

でも、

ブランディング=ブランドを確立する

って言うことは、先頭にたってみんなを引っ張っていく必要がある。

それなのに、周りの意見に合わせている人に果たして人がついてくるのか?

到底無理でしょう。

やはり、信念を貫かなくてはブランディングは出来ない。



遠慮する必要はないということを、

再度認識しておく事が、

ブランディングには必要だといえると感じました。



また、ブランディングのレベルとして、

興味

信用

信頼

好意(共感)

忠誠心

その中には、尊敬とか威厳とかが入っていないと、なかなか物を売ることは、できない可能性がある。

この部分も書き出してみて、改めて非常に納得いく部分。

そう考えると、自分の信念や軸がしっかりとしていないと人を惹きつける事は出来ないという事を改めて教わりました。



私自信、昼間の仕事では管理職をしていますが、

前回のコピーライティングに続いて今回のブランディングについても、

「営業職」や「管理職」といった人も、ネットビジネスをするしないに関わらず、ぜひ聞いてみる事をお勧めします。






このDRS(ダイレクトレスポンスシークレット)は9/11から一般公開されるそうです。

興味のある方は、このメルマガに登録していただければ、

いち早く情報をお届けできます。


メルマガ登録
http://www.mag2.com/m/0001002018.html


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
0からの挑戦 〜情報商材アフィリエイターへの実践記〜 TOP PAGE
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。